メニューボタン

学修状況チェックシステム alagin

メニューボタン

alagin(academic learning and achievement guiding information network system)は、本学で開発した学生にとっての学修状況チェックシステム(時間割表示システム + 履修状況、成績等確認システム)です。
ここではalaginが現在、提供している情報や効能などについて紹介します。alaginは常に開発をつづけており、この先もあらたな学修情報を提供していきます。

alaginへのアクセス方法

学生はスマートフォンを含む任意の端末から一般的なインターネットブラウザを用いて、alagin初期画面にアクセスし、そこから本学の統合認証画面を経て「時間割・学修ナビ」または「学修状況のチェック」に入ります。また、授業アンケートがおこなえる期間には、そのボタンも表示されます。授業アンケート期間は原則として、前・後期学期の最終授業の頃からはじまります。原則として授業アンケートに回答するまでは「学修状況のチェック」をクリックしてもチェックができず、授業アンケートへの回答が必要となる仕組みになっています。
alagin初期画面へは、ポータルサイトや本サイトのトップページにあるリンクボタン、または下記ボタンからでも入れます。

alaginがどのように見えるかを確認できるデモサイトもあります。

なお、alaginは本学の学生用のものですから、本学の統合認証が必要で、本学の学生以外はアクセスできません。また「学修状況のチェック」や「授業アンケート」は提示情報内容に鑑み、学内LANでのみ作動するようになっています。
ただし、alaginがどのような動きをし、なにがどのように見え、わかるのか、学外からでもご覧いただけるデモムービーを用意しました。以下の番号で示した提供情報別の説明とともにご覧ください。

パーソナルな時間割(わたしの時間割表示システム)

認証画面を通過すると各学生が前(1・2)学期または後(3・4)学期に履修登録している時間割が表示されます。これは実際の履修登録データをもとに生成されます。
これにより、これまで起きがちであった登録ミスによる履修(登録したはずの授業科目が登録されていなかった、 履修取消ししたはずの科目が取消されていなかったなどの事態)が解消されます。
授業・学習支援システムmoodleやploneを用いている授業については、当該時間割にそれらのマークが付記される場合もあり、そこから直接moodleやploneにリンクされます。

 
pagetop