メニューボタン

super alagin ラーニング & スタディ・ポートフォリオ

メニューボタン

super alagin ラーニング & スタディ・ポートフォリオ


  super alagin ラーニング & スタディ・ポートフォリオ(通称、学びのポートフォリオ)は、大学の授業に関連した学修と、個々人の関心にもとづく広範な学習、研究の双方について、学生一人ひとりのポリシーを明確して、それらに依拠した具体的な学びの目的・目標、あるいはテーマ、またその計画や手続き、方法あるいはその主題の魅力を記述し、その成果を記録して学びの振り返り基盤にするとともに、それらを公開できるone to one tailored educationを指向した仕組みです。


 このポートフォリオの主目的は学生個々の主体的な学びを後押しし、その成果の公表に役立てることです。大学にはカリキュラムや学位授与に関するポリシーがあり、それにもとづき授業が実施されています(カリキュラム・ポリシー & ディプロマ・ポリシー)。一方、学生の学びにはむろんそれらの学修がありますが、そればかりでなくそれら以外の個々人の興味や関心、目的に応じた独自の学習や研究もあります。
 本学は学生一人ひとりに豊かな学びの可能性を拓いてゆくことを基本的教育理念にしています。そのためにその学修と学習・研究の総体を促進します。授業をつうじての学修は質の高い授業実施と学修成果の評価法をもってその品質保証をなします。お茶の水女子大学の学生はalagin学修状況チェックシステムとnigala授業アンケートシステムにより、そこに呈示されるインフォ・グラフィックスによりその保証のほどが詳しく、かつわかりやすく確認できるようになっています。

 一方、学生が授業の範囲を超えて個々人の関心に沿って自学的に学びを進めていく学習・研究については、その内容を積極的に表現し、目標や計画の記述機会を大学として組織的に提供することで後押しし、さらにそれらの成果を積極的に公開していくことをつうじて多様に、広く、深く、個性的に学んでいくことに資する基盤を、このsuper alaginポートフォリオシステムが担います。


 super alaginについていろいろなことが尋ねられます。とりあえずここではこのポートフォリオの三大特徴と、典型的な質問、2つに簡単に応えることでこのシステムに対する理解をすこし深めたいと思います。



super alagin learning & study portfolio の三大特徴

 いまや学修ポートフォリオの利用は多くの大学でおこなわれ、当たり前のツールになりつつあります。しかし、そのほとんどは商品購入による利用であるため、いわばレディメイドの限界を超えた使い方ができません。それに対して本学のsuper alaginはそもそも学生一人ひとりの個性にあったテイラードの学びを実践するための仕組みとして発想されているため、その仕組み自体がオートクチュールで仕立てられています。その結果、super alaginはつぎのようなオリジナルな特徴をもち、さらにすでに稼働しながらその完成を目指して常に必要に応じた開発が進められている生きものなのです。

(1)授業に直接関わる学修(ラーニング)だけでなく、授業外に各人がみずからの興味関心で学んでいる広範な学習・研究(スタディ)も含めた総体としての学びの実際と実績を記し残すポートフォリオになっています。

(2)そうした自主的な学びを含めた個々人に独自な学びの基盤となる各人の「学びのポリシー」を表明し、大学が掲げるディプロマ・ポリシーを受容した上での個性ある学びの活動を推進する仕組みになっています。

(3)お茶の水女子大学がもつ文化資本を礎にしつつ同学生としての学びの成果を広く社会に公開することで、類似のポートフォリオとの差別化を図った学びの成果表現を可能とします。それにより新しい人材獲得ルートとして着目されつつあるインターネット上でのポートフォリオ閲覧にもとづく人材オファーの流れに先導的に適応する仕掛けになっています。


super alaginへの典型的な質問

 その1、「これを書くと何の役に立つの?」


 筆者となる学生から一番多く尋ねられる質問です。その応えはひとえに「イマジネーション」です。このツールは今までありそうでなかったものです。だから、すでにあるかぎりの解がないもの。つまり、創ることに応えがあります。著名な演説のそれに似て、super alaginがあなたたちに何をもたらしてくれるか、と問うより、あなたたちがsuper alaginを大いに役立つように使ってほしい、ということです。想像してみてください。super alaginは「あなたの」大学生活でなす自分自身の学びの目的やテーマ、方法、手続き、その魅力、そしてその成果をインターネットをつうじて公表するシステムなのです。そのことは上に述べた三大特徴の(3)を最大限に活かすことにつながります。もうイマジネーションの意味がおわかりだと思います。
 さらに、その「大いに役立つよう」を実現するためにもっと必要だと思うことはsuper alaginに直接具体的に求めてください。super alaginはそれにできるだけ応えて進化していくはずです。


 その2、「書いた内容の、とくに成果は誰が、どのように評価するの?」


 お茶の水女子大学での学修成果は現代の大学のそれとして相当に適正な成果表現であるといえるfunctional GPAのstrict GPでなされています。それだけにこの問いは同じような期待感をもって問われることになります。「個々に独自で多様な学習・研究のsuper alaginに表現された成果は、いったい誰がどのような了見で評価するのですか」と。この問いは半ばアポリアとわかっていてなされがちです。でも応えははっきりしているのです。

 super alaginは学生個々人がその成果を記述し、公開します。だから、まずはその当人が公表という基準に照らしてその内容に一定の評価を下しています。さらにその公開先はインターネットです。まさに世界に向けて誰でも閲覧できるかたちでただちに公開されるのです。英語を解する人に向けて発信し、なにかを期待したいなら英語で書けばよいのです。それを観る人、読む人全員が評価者になりえます。その評価はもちろん多様になるでしょう。だからこそ、この評価は評価対象にとっては実は最も望ましいかたちで評価されうる仕組みになっています。

 学修成果の場合、パフォーマンスを評価するのはその担当教員ゆえ、その評価が評価対象にとって最適であるとはかぎりません。授業は個々に閉じられているがゆえに、評価対象者のパフォーマンスが卓越しているほど、その評価法や評価力とのずれは大きくなりがちです。個性ある学びという旗印の限界はそこに留まる限りすぐにみえてきます。また、それは大学から先の学びにあっては次第に深刻な問題になります。だから、とりわけ個々独自の学習・研究の成果についてはインターネットのような開放空間に公表し、そのパフォーマンスをできるだけ多くの人にみてもらい、まさにそれを評価してくれる人に評価してもらう、という可能性を開くことがだいじになります。super alaginで自分の学びを積極的に公開しようというのはそういうオープンシステムこそがこのone to one tailored education systemの肝だからです。

 果たして観てもらえる人に観てもらえるかどうか、という問いも出てくるでしょう。ここでも先と同じです。それを問うて、ためらい、何もしないより、観て欲しい人に観てもらえるように工夫しよう、ということです。すでに示唆したとおり、幸いsuper alaginは時宜的、社会的にはよい条件下にあります。そのことも認識したうえで、その環境を当の学生であるうちに最大限に、つまり今すぐに活かしていくことです。



super alagin

pagetop